【パソコン転売実践記】6月の仕入れ。ジャンクパソコンにハマる

パソコン転売実践記

おはようございます。イチです。

6月になり、ペースを落とさないように意識して仕入れを行っていますが、今月は不具合のあるパソコンを仕入れてしまい、へこみ気味です。

後から考えると「雑に購入決定してしまった」と後悔するのですが、仕入れをしなければ売るものがないので「トータルで利益が上がれば良し」と自分を慰めながら、スマホをチェックする日々です。

今日は仕入れ失敗の実例と回避するための対策を考えてみたので、ご参考にどうぞ。

 

中古パソコンの仕入れは慎重に!

初めは慎重だった仕入れですが、最近は大胆になってきている自覚があります。

本業の仕事のランチタイムにスマホ片手に、2台、3台とカンタンに仕入れてしまう日も。

そんな中、連続でジャンクパソコンにハマってしまいました。

失敗から得た教訓をシェアしておきます。

仕入れ失敗例1

1つ目の失敗例は「NECのブルーレイ内蔵コアi7の低年式モデル」、安く仕入れられてアピールできるネタが多いので、比較的利益を多く取りやすい商材です。

今回仕入れた商品は、ヤフオクにストアが出品していたもので、「HDD、OS無しでジャンク扱い」と本文に記載ありでしたが、それ以外は「写真でご確認ください」と記載されていました。

実際に受け取ってみたら液晶にダメージがありました。出品画像の液晶は綺麗な状態で明らかに違っています。

商品としてはとてもそのままでは販売できない状態だったので、お取引相手のストアに連絡してみましたが、返答は「ジャンクなので対応できない」との事でした。

ジャンクとはいえ出品写真とは明らかに違う状態で、納得いかなかったのですが「めんどくさくて」泣き寝入りしました。

教訓:ジャンクと書いてある商品はゴミを覚悟の上でしか落札しない事!

仕入れ失敗例2

2つ目も「年式の古いパソコン」東芝のi7、ブルーレイ搭載機種です。

初めの動作確認では問題なかったんですが、受け取り連絡を入れ、Windows10にアップデート中に突然電源が落ちました。

もう一度電源を入れてアップデートは完了したのですが、最終的に起動しなくなりました電源ボタンを入れると起動しようとするんですが、車がエンストする様にスッと止まってしまいます。

僕の知識では修理不可能なので、ジャンクで処分しようと思っています。

とりあえず、お客様に購入していただいた後では無いことがせめてもの救いでしたね。

教訓:年式の古いパソコンは仕入れてから故障する可能性もある

仕入れ失敗例3

3つ目の失敗は厳密にはゴミ商品では無いのですが、ゴミが送られて来たというお話です。

文字通り「ゴミ」が送られてきたのです。

精神的ショックがデカかったのは梱包。

届いた段ボールはちょっと汚いかな?くらいだったんですが・・・

段ボール箱を開封してみると、中には新聞紙がキツ目に入っていました。

新聞を取り出そうとしても、かなりきつく入っていてなかなか出てこない。しかも若干湿り気を帯びている・・・それでも頑張って取り出しました。

その下にはプチプチで包まれた本体。

この時点でちょっと嫌な気がしていたんですが、新聞の下に入っていたプチプチで包まれた本体を取り出してみると・・・。

その下には!!!

鼻を噛んだ後に丸めた様なテッシュと綿ぼこりが!!!

血の気がひきました・・・

湿った新聞紙、鼻を噛んだ(様な)ティッシュ、綿ぼこり。

パソコン本体にも、何か半透明の物質が乾いた様な汚れが付着していました。

正直、段ボールをもう一度閉じて捨てたい衝動に駆られましたが、何事にもリサイクルと分別が叫ばれている昨今、そんなことが許される訳もなく・・・

その後しっかりと床の消毒と手洗いをいたしました。

教訓:外国人には日本人の常識は通用しない(人による?)!掲載写真から清潔さの概念を予想して備える事!

 

本日のまとめ

仕入れる時は冷静に。

・ジャンクかどうか確認
・出品者の評価を確認
・vista、XPではないか確認
・不具合の箇所を確認
・HDDやアダプターが付属か確認

このくらいは確認してから落札しましょう。

できれば、「記載のない異常があった時に返品可能か?」確認しておけば文句なしですね。

ただし、質問している間に他の人に落札されてしまうこともありますけどね。

では、今日も頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました