【パソコン転売実践記】またしても仕入れトラブル!今度は個人出品者

パソコン転売実践記

おはようございます。イチです。

今回も仕入れトラブルのお話です。

僕的にはストレスになる出来事ですが、これから転売系のビジネスをしてみようという方には興味のあるテーマだと思うので今回もご参考にどうぞ。

 

メルカリでの仕入れでトラブル発生

今回仕入れたのはキーボードが分割できるモバイルパソコンで、「キーボードの接触が悪い」という商品でした。

わりと安かったので最悪の場合は、キーボードを別で仕入れて販売すれば良いだろうという気持ちで落札。

ところが商品到着後に電源を繋いでも起動しません。

充電ランプはついているのですが、1時間ほど充電した後でも無反応。

さすがに全く起動しないとなると、僕には手の打ちようがないので取引キャンセルをお願いすることにしました。

さて今回はどうなるのでしょうか?

 

出品者に連絡してみた

キャンセルの依頼は出品者さんにとってはすごく嫌だと思いますし、こちらが壊したと思われたりするとやっかいです。

ドキドキしながら、できるだけ丁寧に「本当にその商品が欲しかったから残念」「色々と手は尽くした」という内容をできるだけ丁寧な文章でお送りしました。

丁寧な内容が功を奏したのか、出品者さんからは「長期間使用していなかったのでもう少し充電して試して欲しい」とのことでした。

色々と手は尽くした後だったので無理だろうとは思いましたが、出品者さんのお気持ちを汲み、もう一度数時間充電し、リセットなどの手順も踏んでみましたが残念ながら改善されず。

結果仕方がないので、試した結果と再度キャンセルをお願いしたところ、ご了承いただけました。

今回は出品者さんも良い方だったのと、2万円越えの高額商品だったので返品を受けていただけてホッとしたので返品送料をこちらで負担しました。

この辺りは気持ちの問題なので、感じが悪い出品者さんだったら着払いでお願いしていたかもしれませんね。

 

本日のまとめ

今回は出品者さんもすんなりと返品を受け入れてくれたので、大きなトラブルや損失にはなりませんでした。

やはり、完全な個人の方からの仕入れはある程度のリスクがありますね。

とくに今回の商品は2万円超えだったので、すんなりと返品ができなかったとしたらゾッとしますね。

まだまだ僕は資金が少ないので。

やはり仕入れる商品は1万円以下で抑えるのが間違い無いですね。

これからは高額商品を仕入れる時にはリターンだけでなくリスクを考え、安易に飛びつかないように気を付けます!

では、今日も1日頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました