【パソコン転売】仕入れた中古パソコンのクリーニングのコツ

パソコン転売ノウハウ

今回は仕入れたパソコンのクリーニングについてご説明します。

パソコンの状態は使用状況によって色々ですが、キレイさも販売者によって全然違います。

そのまま販売できるレベルのキレイなものから、そのままゴミ箱に入れてしまいたいと思う様なものまであります。

ただ、最近では除菌が重要だったりするので、基本的には全て同じ様にクリーニングしています。

 

クリーニングに使う道具

まずは、クリーニングに使う道具からご説明します。

100均除菌シート
液晶クリーニングクロス
無水エタノール
綿棒
歯磨き粉
古布

基本的にはこれを使って、キレイにしていきます。

自分で取れる汚れは「全て取る」つもりで、きっちりとクリーニングします。

 

中古ノートパソコンのクリーニングの手順

手順ごとに解説します。

大まかな汚れを取る

最初に使うのが、「100均の除菌シート」。僕はしっかり汚れを取りたいので、水分多めのタイプを使用しています。

埃や手垢まみれで送られてくる物もあるので、まずは除菌シートで包む様にして梱包から取り出します。

そのまま段ボールの上でざっと汚れを拭き取ります。天板、側面、裏面、液晶、キーボード全てざっくり拭き取ります。

キーボードは壊さない様に注意
水分の多いシートは内部に浸水しないように注意

水滴を拭き取る

余った水分を拭き取ります。

しっかり拭いておかないと水垢状に汚れが再付着してしまいます。

液晶画面はデリケートなので傷がつかないように、専用の液晶クリーニングクロスを使用しています。

しつこい汚れを取る

水分多めの除菌シートで取れなかった汚れは頑固なので、「無水エタノール」を使ってクリーニングします。

無水エタノールはその文字の通り、「水が含まれていません」。

消毒用のエタノールやアルコールは水が入っているので、基板に付着すると故障の原因になりますので要注意。

無水エタノールは即座に蒸発しますし、皮脂などを溶かす力も強いのでキーボードなどの頑固な汚れに対して、古布や綿棒に付けて使用します。

ただし、黒い樹脂などに使用すると白っぽくなってしまうことがあるので、目立たない場所で試してから使っています。

それでも取れない汚れや薄い傷

最終的には「歯磨き粉」を使用します。コンパウンド代わりです。

表面を研磨してキレイにする訳です。

これも素材や磨く強さに要注意ですが、白い天板などはコーティングを剥がさないように軽く擦ってやると見違えるほどキレイになる場合もあります。

研磨した後は無水エタノールで拭き取ります。

軽くミントの香りが残るので要注意。

 

中古パソコンクリーニングのまとめ

今回は僕が行っている基本的なクリーニングをご紹介しました。

僕からパソコンを購入していただくのは女性が多いので、クリーニングや梱包には必要以上に気を使っています。

その甲斐があってか、評価コメントに「思ったよりずっとキレイだった」とか「ピカピカで驚きました」といった嬉しいコメントも戴きます。

こういったコメントがあると購入に踏み切る動機にもなると思うので、この記事を読んでいただいた皆さんはぜひご参考にしてみてください。

ではまた。

 

 

タイトルとURLをコピーしました